テストエンジニアとは

エンジニアを目指し、日々勉強に励んでいる方の中には、「自分でも、色々なシステムを作って楽しんでいる」という方もいると思います。自分で様々なものを作っていると、時にはバグなどが出来てしまうこともありますよね。「このバグを探すのが、楽しい」と感じている方もいると思います。
そんな方は、システムエンジニアの種類のひとつ、テストエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

エンジニアというと、システムの企画から設計、管理や保守といった仕事をイメージする方も多いと思いますが、中にはこういったテストエンジニアという職種もあります。「テストエンジニアって、どういった仕事をするの?」と思われる方もいると思いますが、テストエンジニアの主な仕事は安全で信頼出来るものとなっているのか、品質をテストする仕事。
何度も、バグ探しなどを行っていくことになりますから、かなりの集中力と忍耐力が強いられる仕事ともなります。小さな不具合も見逃さず、しっかりとテストを行っていくことが求められます。製品納品後に、トラブルが起きては大変ですから、出来る限りのバグや不具合を見つけることが必要となるため、一つ一つ丁寧にこなしていくことが必要となるでしょう。
また、テストを行う前にはどういった仕様になっているのかも理解しておくことが必要となりますから、幅広い知識も求められるでしょう。

このように、システムエンジニアの種類の中には、納品前の製品をテストするテストエンジニアという職種もあります。コツコツと仕事をしていくことが好きな方や、バグ探しなどが得意な方にとっては、この職種は魅力的な職種ともなるのではないでしょうか。
納品前のチェックがメインの仕事ですから、責任も大きいですよ。