サポートエンジニアとは

システムエンジニアを目指している方の中には、「システムを企画したり、構築していくのは楽しいけれど、もっと直接人の役に立てる仕事をしたい」と考えている方もいると思います。
システムエンジニアというと、どちらかというと縁の下の力持ちという存在ですから、直接誰かの役に立てたと実感することは少ないでしょう。
では、「人の役に立ちたい」と考えている方におすすめのシステムエンジニアの種類のひとつ、サポートエンジニアとはどんな職種なのでしょうか。

サポートエンジニアの主な仕事は、ソフトウェアなどを導入した企業などのサポートを行っていくこと。コンピューターというのは、年々複雑になってきており、企業側で簡単に対応することが出来なくなってきています。そのため、トラブル時に対応することとなるのが、サポートエンジニアという存在。
企業によっては、ヘルプデスクやカスタマーサポートといった窓口を設定しており、これらの窓口から、依頼が来ることになります。一般的には、これらの窓口は女性スタッフが対応しており、その後サポートエンジニアに内容が伝えられ、対応を行っていくことになります。

「イメージが付きにくい」と感じている方は、パソコン購入時に利用することが出来るヘルプデスクなどをイメージすると、分かりやすいのではないでしょうか。
サポートエンジニアが接するのは、企業となりますから、トラブルは仕事に支障を来してしまうため、素早い対応が必要となりますので高い技術力が求められることになるでしょう。
システムエンジニアというと、常にパソコンに向かって仕事に取り組んでいくイメージが強いですが、こういった職種もあります。人の役に立つ仕事をしたいと考えている方にとっては、直接効果が分かる仕事となりますから、やりがいを感じやすいでしょう。